屋根工事の施工例と料金・価格・費用・予算|徳島県の屋根リフォーム・雨漏り修理の専門会社「株式会社 吉成産業」

徳島県、香川県の屋根葺き替え、屋根工事、雨漏り修理、屋根リフォームの価格・費用・予算・料金が一目でわかる。

屋根リフォーム・屋根塗装・屋根葺き替えの四国 徳島県の工事会社 株式会社 吉成産業
トップページ > 施工例集
● 施工例集 カテゴリ

● 株式会社 吉成産業
〒772-0043 徳島県鳴門市大津町段関字沖野20番地3
電話番号:088-685-8388
● 屋根診断・施工エリア
都道府県 屋根診断
対応エリア
徳島県 鳴門市(全域)
徳島市(全域)
小松島市(全域)
阿波市(全域)
板野郡 藍住町(全域)
板野郡 石井町(全域)
板野郡 板野町(全域)
板野郡 北島町(全域)
板野郡 上板町(全域)
板野郡 松茂町(全域)
阿南市(一部不可)
吉野川市(一部不可)
美馬市(一部不可)
神山町(一部不可)
上勝町(一部不可)
勝浦町(一部不可)
佐那河内村(一部不可)
香川県 東かがわ市(一部不可)
※屋根診断について、お客様のお時間に添えない場合ございます。
 

●吉成産業の施工例集とおおよその予算・費用

吉成産業が施工させていただいた施工例をご覧ください。

2017/07/03 | 吉成産業 | 台風対策, 屋根リフォーム工事, 耐震リフォーム, 雨漏りリフォーム

徳島県の冠瓦差し替え修理工事(S型スレート瓦)です。


工事内容
冠瓦差し替え修理/S型スレート瓦
住所
徳島県 徳島市
工期
約1日
築年数
25年以上
工事工程
屋根点検→資材調達→交換
施工部
木造平屋建/屋根(形状:切妻)棟部
およその費用(価格・単価)
 

15061802_01 15061802_02
冠瓦が割れ、中が見えています。 交換した瓦は塗装が着きやすいように表面を加工しています。
15061802_01 15061802_01
冠瓦内部の様子。銅線と少しのモルタルで固定されてました。 雨水の進入を減らす為に充填材(なんばん)を入れました。

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

お気軽に屋根診断・屋根調査のお問い合わせください。


徳島市の冠瓦差し替え修理(S型スレート瓦)(徳島県) はコメントを受け付けていません。

2017/04/13 | 吉成産業 | 台風対策, 屋根リフォーム工事, 雨漏りリフォーム

徳島県川島町の袖瓦修理補強工事です。


工事内容
袖瓦修理補強
住所
徳島県 川島町
工期
2日以上
築年数
10年以上
工事工程
仮設足場→瓦撤去→下地修理→瓦再施工
施工部
2階建:大屋根(形状:切妻/屋根勾配10寸/瓦:F形スレート瓦)袖部
およその費用
(価格・単価)
20万円

15061802_01 15061802_02
釘が抜け瓦はいつ落下してもおかしくない状態です。 桟瓦と袖瓦の隙間はシリコンを塗り、袖瓦はパッキン付ステンレスビスで固定しました。
15061802_01 15061802_02
留付釘の頭に塗られたシリコンの亀裂や瓦の隙間から雨水が進入。下地の角材が腐食していました。 木材から樹脂の角材へ取替え。ステンレスビスで固定。

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

お気軽に屋根診断・屋根調査のお問い合わせください。


川島町の袖瓦修理補強工事(徳島県) はコメントを受け付けていません。

2015/07/22 | 吉成産業 | 台風対策, 新築工事, 耐震リフォーム

徳島県鳴門市の屋根新築施工です。

屋根材は、新東 セラム21 ユーロブレンドを使用いたしました。


工事内容
屋根工事:新東 セラム21 ユーロブレンド  約105㎡
住所
徳島県 鳴門市
工期
6日
築年数
新築
施工部
大屋根・下屋根
およその費用(価格・単価)
約110万円

15061802_01 15061802_02
桟打ち工法・下葺き材:ゴム化アスファルトルーフィング2重張り 平部仕上がり
15061802_01 15061802_02
小屋裏の通気を良くする為に野地板換気を大屋根・下屋根に取付ました。 棟補強金具(ステンレス)を使用・棟芯木は金具にビス留めしています。
15061802_01 15061802_02
冠瓦は棟芯木にパッキン付ステンレスビスで留付け。棟面戸は漆喰(白色)仕上げしました。 角・袖瓦は側面よりパッキン付ステンレスビス2本、重ね部にステンレスビス1本で留付けました。
15061802_01 15061802_02
棟・袖部仕上がり 平部仕上がり

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

お気軽に屋根診断・屋根調査のお問い合わせください。


新東 セラム21 ユーロブレンド 新築屋根工事 はコメントを受け付けていません。

2015/06/18 | 吉成産業 | 台風対策, 漆喰補修(しっくい修理), 雨漏りリフォーム

棟部・壁際のしっくいの割れ・剥がれ・浮きの症状が出ているお客様の修理依頼です。
しっくいは、ただ、多く塗れば良いというものではなく、雨水が当たっても剥がれないように、しっくいの量を調整しながら塗ります。職人さんの技能・経験だけでもなく、知識が必要になります。


工事内容
屋根しっくい修理・工事
住所
徳島県鳴門市  S様邸
工期
2日
築年数
およそ25年
施工部
棟・土居のし・谷
およその費用(価格・単価)
17万円/約45m

15061801 15061802
※説明:壁際部しっくいです。しっくいは、瓦の固定と雨水を屋内に入れないようにするシーリング材の役目をしています。画像では所々、剥がれり、割れてるように見えますが、実際は下地より完全に浮き剥がれています。 ※説明:しっくいは、ただ、多く塗れば良いというものではなく、雨水が当たっても剥がれないように、しっくいの量を調整しながら塗ります。職人さんの技能・経験だけでもなく、知識が必要になります。完成
※説明:浮き上がったしっくいの上に、しっくいを塗ってもすぐ剥がれてしまします。その為、浮きや剥がれがあるしっくいは、全部撤去します。
15061803 15061804
※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

お気軽に屋根診断・屋根調査のお問い合わせください。


屋根のしっくい修理・補修 はコメントを受け付けていません。

2015/02/20 | 吉成産業 | 台風対策, 屋上防水工事, 屋根葺き替え工事, 耐震リフォーム

棟部のしっくいが剥がれ落ちたお客様の修理依頼です。
当社の当社開発のオリジナルビスのらくちんスリムビス等を使用し、耐久性・防水性・耐震性を考慮した耐震棟を完成いたしました。


工事内容
棟部解体補修工事
住所
徳島県鳴門市  田浦邸
工期
3日
築年数
おおよそ10年
施工部
棟部
およその費用(価格・単価)
400,000円

15022001 15022002
棟部のしっくいが剥がれ落ちたお客様の修理依頼です。 画像で見て分かると思いますが、瓦の上端部分が見えています。しっくいが剥がれ、奥のベース土が雨で流されていました。 土と瓦で棟施工がされていました。その上に漆喰施工がしてあります。まず最初に、土・瓦・漆喰を取り除きます。
15022003 15022004
棟金具と棟芯木を取付け耐震棟の骨組みを作ります。 しっくいを棟部に充填して、耐震棟ベースを作ります。
15022005 15022006
棟部補強芯木に防水テープを貼り棟芯木を補強しました。この防水をすることにより、棟部芯材の寿命が変わります。 最後に、三角冠瓦を施工して、パッキン付きビスで緊結しました。留付けに使用したビスは、当社開発のオリジナルビスらくちんスリムビスです。20年以上亀裂クレームがない商品を使用しております。
15022007
これで、耐震棟の完成です。

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

お気軽に屋根診断・屋根調査のお問い合わせください。


耐震棟への葺き替えリフォーム はコメントを受け付けていません。

2014/07/15 | 吉成産業 | 台風対策, 屋根リフォーム工事

袖部補修工事(漆喰補修・しっくい工事)

袖部(しっくい)落下したお宅の補修工事です。長年の風雨にさらされて経年劣化による破損です。
お気軽に屋根診断・屋根調査のお問い合わせください。


工事内容
袖部補修工事
住所
徳島県板野郡藍住町 C様邸
工期
1日
築年数
おおよそ40年
施工部
袖部
およその費用
75,000円

1407150301

■袖部漆喰が破損した部分です。

1407150302

■一度、袖部補修長さ分の冠瓦(丸棟瓦)と平瓦を剥がして、軒先巴留め付けようのホルマル銅線を野地板に留め付けます。

1407150303

■袖部をしっくいで元通りの形に塗り上げ完成です。

お気軽に屋根診断・屋根調査のお問い合わせください。


袖部補修工事(漆喰補修・しっくい工事) はコメントを受け付けていません。

2014/07/15 | 吉成産業 | 台風対策, 屋上防水工事

防水工事(補修工事)

屋上防水工事(補修工事)です。長年の経年劣化による雨漏りや漏水を防ぐための、防水工事です。防水工事においてはアスファルト防水が多く使用されてきましたが、アスファルト融溶解時の臭気や火災・火傷の問題から、これらに代わる防水材としてシート防水、モルタル防水、浸透性防水材などが各社から販売されてきました。
しかしながら、シート防水では下地追従性やジョイント部に問題があり、浸透性防水材では、長期間にわたる耐久性に問題があります。
これらの多くの問題をクリヤした製品(一液型水系弾性塗膜防水材)で施工を行いました。
お気軽に屋根診断・屋根調査のお問い合わせください。


工事内容
防水工事(補修工事)
住所
徳島県板野郡藍住町 C様邸
工事工程
現場調査→高圧洗浄→養生→下塗り1回(プライマー)→上塗り2回→完成
工期
3日
築年数
おおよそ40年
施工部
屋上防水工事
およその費用
245,000円

1407150201

■全景 ■経年劣化にひび割れです。

1407150202

■画像にはないですが、まず、高圧洗浄機でコンクリート(モルタル)の隙間に詰まったごみを洗浄し自然乾燥させます。次に、養生テープ等で周辺部の養生を行い、プライマーを塗ります。 ■全体と立ち上げ部までプライマーを塗ります。

1407150203

■防水材(一液型水系弾性塗膜防水材)を隅々まで全体に1回塗ります。

1407150204

■防水材(一液型水系弾性塗膜防水材)を再度、全体に塗り、乾燥させて、完了です。

お気軽に屋根診断・屋根調査のお問い合わせください。


防水工事(補修工事) はコメントを受け付けていません。

2014/07/15 | 吉成産業 | 台風対策, 屋根リフォーム工事, 耐震リフォーム

鬼瓦・巴瓦の補修工事

鬼瓦と巴瓦が落下したお宅の補修工事です。この修理工事の重要なポイントは、なぜ、鬼瓦が落下したのかです。原因は銅線の腐食です。
この銅線の腐食を抑えるために、使用部材を厳選して、補修を行いました。まず、破損している巴瓦と棟部の一部を剥がし、棟部台部分を残し、鬼を留め付けるためのビスを台中央部分に下穴を空けて、SUS304(ステンレス)らくちんビス240mmを棟木に打ち込み、この時、鬼中央部にある(龍頭)と鬼瓦裏側から補助銅線を引っ張るためのビスを2本留めます。
被服銅線で鬼を留め付けました。その後、のし瓦を積み、冠瓦を取り付け、最後に鬼瓦を瓦用しっくい(屋根しっくい)で鬼巻をして修理完了です。
お気軽に屋根診断・屋根調査のお問い合わせください。


工事内容
鬼瓦・巴瓦の補修工事
住所
徳島県 鳴門市 C様邸
工期
半日
築年数
おおよそ30年
施工部
棟部(鬼瓦、巴瓦、周辺部)
およその費用
約5万円

1407150101

■鬼瓦・巴瓦が破損した部分です。 ■経年劣化による銅線が腐食して切れた部分です。

1407150102

■まず、巴瓦を新しく留め付けます。 ■次に、下穴を空けてから、らくちんビス240㎜を棟木に留めます。そこから、ホルマル銅線(被服銅線)で鬼瓦の龍頭に留めます。

1407150103

■さらに、もう1本ビスを留め、鬼瓦の左右に穴を空け、補強の為の、被服銅線で2カ所留めました。 ■その後、のし瓦を積み上げ、冠瓦(紐雁振瓦)を留め付けます。

1407150104

■鬼瓦の廻りを瓦用 屋根しっくいで補強して完成です。

お気軽に屋根診断・屋根調査のお問い合わせください。


鬼瓦・巴瓦の補修工事 はコメントを受け付けていません。

2014/04/28 | 吉成産業 | 台風対策, 屋根リフォーム工事, 屋根葺き替え工事

メイン画像

■S形スレート葺き替え 施工前
外から目で見た限りは傷んでないように見えます。
■J形53判に葺き替え 施工後
J形瓦(いぶし瓦)に葺き替えることで、スキッリとした趣きのある仕上げになりました。

工事内容
S形スレート(プレスセメント瓦)→J形瓦53判(いぶし瓦)
ポイント
この物件は、以前増築歴のあるお宅です。見た限り、問題がなさそうなお宅ですが、雨漏りがあるということで今回、瓦葺き替えとなりました。瓦をめくって(はがして)みると、多くではないですが、野地板が腐食していました。西日本を中心にこの瓦が多く採用されている地域があります。この瓦は、耐風性能は高い瓦です。しかし、使用するには屋根勾配が重要なポイントになります。この物件の屋根勾配では、この瓦を使用するには少し屋根勾配が緩やかです。特に四国地方は台風銀座と呼ばれるぐらい台風の多い地域です。中でも徳島県・高知県では、瞬間最大風速50m/s超える台風が襲来することがあります。そういった条件を考慮して今回、葺き替えに使用した瓦は、J形瓦53判(淡路産いぶし瓦)です。耐風性能・止水性能の高い瓦を使用しました.。
住所
徳島県鳴門市大津町
工期
14日
築年数
おおよそ30年
施工面積
約98㎡
およその費用
約160万円

1F棟部施工BA画像

■1F棟部施工前

棟部と壁との接合部分(板金と瓦の間)から、壁際に少し水が浸入しやすい状態になっていました。やはり、30年の経てば、目に見えない箇所で経年劣化が起こっています。

■1F棟部施工後

棟部と壁との接合部分(板金と瓦の間)からの漏水しないように、雨押え板金を加工して施工しました。また、万が一、台風になどの大雨で漏水するようなことがあっても、住宅内には漏水しないように、下葺き材は2重張(鎧張り)と新たに捨て板水切りを中に追加してあります。

1F壁際土居のしBA画像

■1F壁際 土居のし(ひとみのし)施工前
S形スレート特有の壁際、メンド瓦仕様です。漏水を防いだり、後塗り漆喰のように剥がれがなく、綺麗に納まっていました。
■1F壁際 土居のし(ひとみのし)施工後
施工前のメンド瓦仕様をさらにグレードUPした施工で納めました。淡路産、台付きメンド瓦を使用して、その上に、のし瓦を2段積、雨押え水切り(ガルバリウム鋼板(GL))で覆って漏水を防ぐ方法で施工しました。

棟部施工中

■この物件も棟部耐震工法(ZERO工法)による耐震棟・耐風 (阪神淡路大震災を想定した基準をクリアした工法) 棟部にステンレス製棟金具+樹脂製の芯材・のし瓦をのしアンカーI+ホルマル銅線を使用して緊結・冠瓦は棟芯木にらくちんスリムビスで留付ける強力な棟部サンドウィッチ(sandwich)工法で施工しました。

屋根葺き替えリフォーム(台風対策) はコメントを受け付けていません。

ページトップに戻る